USBデバイスサーバは無限の可能性を秘める

USBデバイスサーバ、、、

ガジェット好きな方ならきっと気に入るガジェットです。

私は3台持ってます。(今は中古しか買えませんがIODATAのETG-DS/US-HS)使い始めてから5年以上経ちますがまだ活用しています。

 もくじ

USBデバイスサーバとは?

 USB機器をLAN経由で複数のPCから接続できるようにする機器です。切り替えて使用することができるようになります。

★共有ではない点は注意してください。あくまでネット経由で接続を切り替える仕組みです。

USBデバイスサーバの接続イメージ

 図の3台のどのPCからもキーボード、マウス、プリンタ、スキャナへ接続することができます。

接続する場合はクライアント側でソフトを動かして、使いたいUSB機器を接続します。

USBデバイスサーバの種類

現在新品で買えるのはサイレックス・テクノロジー株式会社の以下の3種類です。

USB3.0ポートを持つDS-600

USB2.0ポートを持つDS-510

無線LAN(11n/a/g/b)とUSB2.0ポートを持つDN-520AN

使えるUSB機器

USBに接続して使うものはほぼ使えます。

私が試してみたUSB機器

  • プリンタ
  • キーボード
  • マウス
  • USBHDDやUSBSSD
  • iPhoneやAndroidスマホ

★有線LANじゃないときついもの。

動かす際に情報量が多いものは有線LANを使わないと動きが遅くなったりします。

  • TVチューナー
  • USB-HDMI変換アダプタ(ディスプレイアダプタ)

動かなかったもの

  • ハードウェアで暗号化する仕組みのポータブルHDDやUSBメモリ
  • バッファローの地デジチューナー(恐らくIODATAのUSBデバイスサーバを使っているため)

USBデバイスサーバのメリット

①USB機器を自由にレイアウトできる。

 USBケーブルは5mが限界ですが、LANが敷設してある場所ならどこでもレイアウトできます。無線対応のものを利用すればレイアウトはさらに自由になります。

②物理的に取り外し、取り付けが不要

 USB機器がPCの後ろに接続されている場合は取り外しや取り付けが不便です。それが不要になります。

③USB機器ごとに接続を切り替えることができる。

 USBハブ単位ではなく、そこに接続されているUSB機器ごとに切替が選択できます。

USBデバイスサーバのデメリット

①ログインするまで使えない。

 Windowsのログイン画面ではキーボードやマウスは使用不可です。タスクバーに常駐して使うのでログインするまでは接続してくれません。

②ネットワーク負荷が高くなる。そして帯域が足りなくなると動きが鈍くなる。

 仕組みがそうなので仕方がありません。大量のファイルコピーをしながらマウスやキーボードを使ったりすると遅くなります。有線のGigabitLAN接続のPCは影響は受けづらいですが、無線LAN経由だと遅くなることが結構あります。

③他の人が使っている場合は接続できない。

 他の人が使っている間はそのUSB機器を使うことはできません。例外としてプリンタについては、印刷した時に自動接続、印刷が終わったら自動切断という機能が設定可能です。

応用例

①騒音の大きいPCを別の部屋において使う。

 USB-HDMI変換アダプタを使えばディスプレイも接続できるので静かな部屋で作業ができます。

★映像は転送量が多いので、なるべく有線LANを使った方がいいでしょう。遅延は発生します。4Kやゲームは厳しいかもしれません。

PCとは別の部屋で使うイメージ

②拡張性のないWindowsタブレットと組み合わせる。

 充電とUSB端子が兼用でUSB端子が足りないタブレットにも使えます。

★タブレットは無線で接続する場合がほとんどだと思うので、ディスプレイアダプタは少し厳しいかもしれません。

③BitLockerで暗号化したUSBHDD、USBSSDを切り替える。

 BitLockerで暗号化したUSBHDDやUSBSSDを接続すれば、プライバシーを守ったまま切替ができます。

★注意★
BitLockerでUSBHDDを暗号化するにはWindowsのPRO以上のEditionが必要です。(暗号化した後はWindowsHomeや無印でも使えます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × 1 =