定型アクションで音楽が使えるようになりました。

GoogleHomeでルーティン機能が使えるようになったという記事を読んでいたら、ふとAlexaもバージョンアップしてないかなと思い久しぶりにアプリを開いてみたら、、、

機能が増えていました。(`・ω・´)

定型アクションに音楽が設定できるようになったんです。

これはかなり朗報です。

 もくじ

定型アクションとは?

「アレクサ、朝の支度」といった風に「アレクサ+???」という形で、決まったアクションを実行することができます。時間指定をすることも可能です。(繰り返しもかなり細かく設定できます。)

例を2つあげます。

例1、「アレクサ、朝の支度」と言ったら

  1. 天気を読む
  2. ニュースを読む
  3. 出かけるまで聞きたい曲を流す。

例2、平日6:00に

  1. 部屋の電気をつける。(スマートホーム対応のライトが必要)
  2. アレクサがおはようございます。と言う。
  3. 目覚まし用のプレイリストを流す。

定型アクションで使用できるアクション

 定型アクションで設定できるアクションは7月頃まで4つしかありませんでした。これからも増えるようなのでこまめにチェックするといいかもしれません。

Alexaのおしゃべり

 Alexaに言葉をしゃべらせることができます。あまり使うことはないかもしれませんが、定型アクションが正常に起動したり、終わったりする際の確認として設定しておくといいかもしれません。

 朝の支度の終わりに、「いってらっしゃい」と言ってもらうとやる気が出るかもしれませんよ。(*’ω’*)

カレンダー

 今日の予定、明日の予定、次の予定といった項目を読み上げてくれます。

スマートホーム

 スマートコンセントやライトなど、Alexaに対応した機器をコントロールすることができます。

デバイスの設定

 オーディオを停止したり、音量を調節できます。

ニュース

 フラッシュニュースで設定されたスキルを実行します。

ミュージック

 AmazonMusic、Tuneln、マイライブラリにある曲やプレイリストを流すことができます。

メッセージ

 スマホ上でAlexaアプリから通知を受け取ることができます。

待機

 指定した時間、待機します。例えば、音楽を30分かけた後に止めるといったことができるようになります。

天気

 天気予報を読み上げます。

定型アクションを応用すると、、、

 今回ミュージックが加わったので音楽を流すときも便利に使えます。

 自分の好きなプレイリストを短いフレーズで流すことができます。シャッフルも付けられるので、長い言葉をしゃべる必要もなくなります。

例として「明るい」というプレイリストがあるとします。

 今まではシャッフルしたい場合は以下のように言う必要がありました。

「アレクサ、マイライブラリのヘビロテプレイリストをシャッフルで流して」

これを

「アレクサ、ヘビロテ」

だけで再生することができます。

 認識しやすい言葉と組み合わせることも可能なので、今までAlexaが認識しづらかったプレイリストを流すことも可能になるかもしれません。

設定の仕方(スマホ)

 定型アクションの設定はスマホのAlexaアプリから行います。

 例として、「アレクサ、落ち着きたい」というとマイライブラリ(マイミュージック)の「落ち着く」というプレイリストを流す定型アクションを設定してみます。

★「落ち着く」というプレイリストをAmazonMusicであらかじめ作成しておいてください。

①Alexaアプリの起動

スマホやタブレットでAlexaアプリを起動します。

②ホーム画面

 Alexaアプリが起動したら左上のメニューボタンを押します。

③メニュー

定型アクションを押します。

④定型アクションを追加

右上の「+」を押します。

⑤新しい定型アクション画面

実行条件を設定して、アクションを追加します。まずは「実行条件を設定」を押します。

(1)実行条件を指定

開始フレーズか時間を指定することができます。
今回は開始フレーズを設定します。

(2)開始フレーズを設定

「落ち着きたい」と入力して、「保存」を押します。

(3)新しい定型アクション画面

今度は「アクションを追加」を押します。

(4)アクションを追加

追加したいアクションを押します。
まずはAlexaのおしゃべりを押します。

(5)Alexaのおしゃべりアクションを追加
(6)新しい定型アクション画面

「かってんしょーちと言う」が増えているのを確認し、再び「アクションを追加」を押します

(7)新規画面

今度は「ミュージック」を押します。

(8)ミュージック画面

曲名を入力してもいいですが、ここでは「落ち着くプレイリスト」と入力します。

★ここでシャッフルしたい場合は、「落ち着くプレイリストをシャッフルで」と入力してください。

(9)音楽配信元(プロバイダー)の選択

 AmazonMusic、TuneIn、マイライブラリから選択します。自分で作成したプレイリストの場合は、「マイライブラリ」を選択します。

(10)ミュージック画面

設定した内容を確認して「追加」を押します。

(11)確認

確認画面が出るので「プレビュー」を押します。

(12)デバイスを選択

プレビューするデバイスを選択します。
私の場合は「Echo Dot」


(13)プレビュー

 目的のプレイリスト(曲)が再生されるか確認しましょう。もし再生されないようであればプレイリスト名やフレーズを設定しなおす必要があります。
 正しくプレビューできたら、保存を押します。

(14)新しい定型アクション画面

「作成」ボタンを押します。

⑥定型アクションの確認

作成した定型アクションが増えているか確認してAlexaアプリを終了します。

⑦Amazon Echoに話しかける。

 「アレクサ、落ち着きたい」と話しかけると設定した定型アクションを実行することができます。アレクサが「がってんしょーち」としゃべった後に設定したプレイリストが再生されれば設定は完了です。

トラブルシューティング

①シャッフルが上手くいかない

 プレイリスト名がかなりシビアなようです。上手くいかない方は明るいというプレイリスト名を試してみてください。

スマートスピーカーは成長します。

 定型アクションを介しても、プレイリスト名の認識がいまいちですが、、、
 スマートスピーカーは新しい機能がどんどん開発されています。スキルも増えているのでどんどん活用していきましょう。(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

8 + seventeen =