LinuxやUbuntuの理解を深める本

 初心者の方がLinuxが何ができるか?ということを理解するのに良い内容だと思うので、紹介します。私はUbuntu経験半年ぐらいで読んだところ、こんなこともできるのか、と勉強になりました。

これから始める人の Linux超入門

主な内容

第1章 Linuxをインストールしよう

 Linuxを使うメリットや、インストール手順が細かく解説されています。

第2章 最新Ubuntuの基本機能を使ってみる

 Ubuntu18.04のデスクトップの使い方や標準アプリの使い方、設定の仕方、フリーソフトのインストール方法などについて解説しています。

第3章 今使うべき定番のフリーソフト32

 色々な使えるソフトが紹介されています。

第4章 Linuxをやさしくマスターする86のステップ

 入門・初級・中級・上級にレベル分けされ、それぞれのレベルの人が分かりやすいように、使い方のポイントや注意事項を解説しています。

第5章 Windows版Linuxのすべて

 Windows10から正式採用されたWSL(Windows Subsystem for Linux)という機能について解説しています。

第6章 Windows&Linux共存大作戦

 LinuxとWindowsを切り替えて使う方法について解説しています。

 HDDのバックアップ方法も書いてあります。

第7章 Linuxで旧型ネットブック/タブレットを復活

 使わなくなった旧型のPCやAndroidタブレットの復活方法について解説しています。

おわりに

 文字が多めなので初心者には読みづらいかもしれませんが、ポイントを抑えて分かりやすく書かれている本だと思います。LinuxやUbuntuに興味を持ったらまず読んでみてください。

これから始める人の Linux超入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one + eight =