SambaでWindowsとファイル共有する。

 UbuntuでSambaをインストールする手順を紹介します。

パッケージのインストール

①sambaのパッケージーをインストール

sudo apt install samba

②GUIで設定を行う場合はsystem-config-sambaのパッケージもインストール

sudo apt-get install system-config-samba

③共有するフォルダを作成する。

今回は「/home/share」で作成します。

sudo mkdir /home/share
chmod 774 /home/share

Sambaの設定画面を起動する。

設定画面の起動

sudo system-config samba

 起動するとウィンドウが出ます。

エラーが出た時

下記のエラーが出た場合は/etc/libuser.confというファイルを空でいいので作成してください。

SystemError: could not open configuration file `/etc/libuser.conf': そのようなファイルやディレクトリはありません

②ユーザーを作成する。

「プリファレンス」→「Sambaのユーザ」を選択

「ユーザーの追加」をクリック

ユーザーとパスワードの設定

 割り当てたいユーザーとWindowsから接続するときのユーザ名とパスワードを設定します。

③ディレクトリを指定する

「共有を追加」ボタンを押す

共有の設定

 ディレクトリと共有名を入力し、「書き込み可能」と「可視」にチェック

アクセスユーザーの設定

 「アクセス」タブを選択しアクセスさせるユーザをチェックする。

設定完了

 これでLinux側の設定は完了です。Windowsからフォルダを共有してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eleven + eight =