モバイルやリビングで便利なミニキーボード

ラズパイ、スティックPCやWindowsタブレットと組み合わせて使える、ミニキーボードを購入してみました。

特徴

①USB接続のワイヤレスタイプ

 レスポンスが良く、Bluetooth接続よりも安定して使えます。レシーバーはUSB-Aタイプなので、microUSB端子の場合はOTG変換ケーブルが必要です。

②日本語JIS配列

 このようなタイプでは珍しく日本語配列です。かな文字もキーボードのボタンに書いてあります。

③バックライトが付いている

 暗いところでも判別しやすいので助かります。

④タッチパッド搭載

 タッチパッドが付いているのでマウスが不要です。両手でつかんだ時の人差し指の位置に左クリック・右クリックボタンがあります。

⑤PC起動時から使える

 BIOSやUEFIの設定でも使えます。

開封の儀

①箱もコンパクト

②付属品は下記の通り

・キーボード
・USBレシーバー
・充電ケーブル
・説明書
・保証書

③重量はレシーバーと合わせてぴったり100g

④裏側

 裏蓋があり、USBレシーバーを入れられます。充電池の交換も可能なようです。電池はBL-5Bと書いてありました。

⑤バックライト

 バックライトを点けた様子です。

使い心地

①タッチパッド

 小さいですがタッチパッドがちゃんと動くところに驚きです。一本指のタップで左クリック、二本指のタップで右クリックです。二本指でスライドさせるとスクロールもできます。

②キーボード

 キーボードの押し心地は良好です。ポチっと押した感じも伝わるので連続入力もしやすいです。ブラインドタッチはほぼ無理ですが、両手でつかんで使うタイプなので問題ありません。親指で操作する感じです。

 両手でつかんだ時に、人差し指の位置にマウスの左クリックと右クリックボタンがあります。

③充電時の挙動

 充電しながら使用可能です。

少し残念なところ

①「半角/全角」キーが押しづらい

 「半角/全角」キーが「fn+左シフト」と2つ組み合わせないと入力できません。ただ距離が近いので慣れればイケるかもしれません。使わないCapsLockに割り当ててしまうのも手かもしれません。

②配列がかなり特殊

 コンパクトキーボードの宿命です、慣れるしかありません。ちなみに、私は使わないので問題ありませんが無変換、変換キーがありません。

③省電力モードがタッチパッドで復活しない

 かなり細かいですが、、、省電力のため一定時間で電源が切れるようになっていますが、タッチ操作で復活しません。これも慣れればなんとかなるでしょう。

他のバージョン

マウスホイール搭載タイプ

バックライトなしタイプ

Bluetooth接続タイプ

おわりに

 モバイル用途だけでなく、サーバPC用、リビング用のPCでも使えると思います。使い方次第ではパソコンの用途も広がりそうなガジェットです。

 USB接続なので緊急時にも一台持っていると便利です。

Ewin バックライト・タッチパッド搭載 USBワイヤレス接続 ミニキーボード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 − three =