ロジクール MX Anywhere m905

買ってよかった製品レビューです。

ロジクールのMX Anywhere m905という小型マウスで現在も使用中です。

製品について

①正式名称

Anywhere Mouse MX m905

②メーカー

ロジクール(Logicool)

③発売時期・購入時期

発売時期:2009年11月
購入時期:2010年10月

VX-Nanoの後継機として購入。

④値段

購入時の値段:たしか¥9,000ぐらい

2019/1現在、一度復刻されたのでまだ売っています。

LOGICOOL ロジクール エニウェアマウス M905t

特徴

長所

・軽い(電池込みで138g)
・移動の精度が高いので意図したところに行ってくれます。
・単3電池2本なので5年以上経っていますがまだ使えています。
・高速スクロール可能
 スクロールホイールを押し込むと切り替えができ、長いWebページやテキストファイルをスクロールするときは気持ちがいいです。

短所

・定期的にチャタリング発生するので部品交換が必要
 →保証期間内であればメーカーに相談した方がいいです。

私の使用用途

使用用途(過去、現在、未来)

・過去:持ち運びノート用
・現在:サブPCのマウス
・未来:サブPCのマウス

発生した不具合

チャタリング

 チャタリングで左か右クリックが使えなくなることが3~5年ぐらいに一回程度発生すします。対処方法は分解して接点復活スプレーをするか、交換部品を取り寄せてボタンスイッチを交換する方法があります。

メカニカルキーボードのメンテナンスに接点復活スプレー

●部品はオムロンのD2LS-21というボタンです。

MOUMANTAI

Yahooオークションでも購入可能なようです。

付属品

バッテリーは単3乾電池なのでずっと交換可能です。Nanoレシーバーが壊れた場合はAmazonで購入できます。

ロジクール RC24-UFPC USB Unifying レシーバー

後継品

 2019年1現在はMX Anywhere2Sというマウスが発売されています。

●MX Anywhere2Sの特徴
 Picoレシーバーというさらに小型化されたUSBレシーバーとなった。
 BluetoothSmartに対応し、Bluetooth4.0対応機器と接続も可能
 3台まで接続することができる。(ボタンで切り替え)

 内蔵バッテリーで充電式になりました。

おわりに

 気が付けば8年以上使っているので¥9,000という高い値段で購入しましたが、大満足です。次もロジクールの同じタイプを探して購入すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five + fifteen =