ロジクール VX-Nano

 買ってよかった製品レビューです。

 ロジクールのVX-Nanoという小型マウスで10年以上経過した現在も修理しつつ使用中です。

製品の情報

正式名称

VX Nano Cordless Laser Mouse for Notebooks

メーカー

ロジクール(Logicool)

発売時期・購入時期

発売:2007年9月
購入:2007年10月

当時VX-Rを使っていたのですが、レシーバーが小さいので持ち運び用に発売とほぼ同時に購入しました。

値段

購入時の値段:たしか¥9,000ぐらい

●現在
さすがに取り扱いはなくなりました。

特徴

長所

・軽い(電池込みで96g)
・移動の精度が高いので意図したところに行ってくれます。
・単4電池2本なので10年近く経っていますがまだ使えています。
・高速スクロールが可能

 高速スクロールはスクロールホイールを押し込むと切り替えができ、長いWebページやログなどのテキストファイルをスクロールするときは気持ちがいいです。

短所

・定期的にチャタリング発生するので部品交換が必要
・戻る、進むボタンが押しづらい位置にある。
・Unifyingレシーバーではない。

色々な情報

使用状況

・過去:持ち運び用途で使用
・現在:MX Anywhere2の予備
・未来:コレクション

発生した不具合

チャタリング

 メカニカルスイッチの宿命なのでしょうがないですが、チャタリングで左右クリックが使えなくなることが3~5年に一回程度発生します。

→部品交換で対応可能

進むボタンが使えなくなった

 チャタリングの部品交換作業で壊してしまった模様。。。使えなくても不便はないのでそのままです。

付属品について

・単4乾電池なのでバッテリーはずっと交換可能
・レシーバーは壊れたら買えません。

チャタリングが出た時

 左右クリックのチャタリングは、分解と半田吸い取りスキルが必要ですが、交換できます。

オムロン D2FC-F-7N(20M)

後継品

 2019/1現在は下記の機種があります。

ロジクール MX1600sGR Anywhere 2S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × 5 =