Windows10の不要アプリを消して1.2GB確保する。

 Windows10では不要なソフトが多く入っています。どれを消したら良いかわからない方もいらっしゃると思うので、ピックアップしてみました。

 WindowsUpdate時に勝手にインストールされるものもあるようなので回避方法も合わせて紹介します。

 Windows10 CreatersUpdateの時に削減できた容量は1.2GBでした。

(1)スタートメニューからタイルを外す。

 自分で使うもの以外はタイルを外しましょう。赤い四角で囲われたものはアンインストールできないのでピン留めを外してしまいましょう。

★補足★ライブタイルは通信や負荷が発生します。
ニュースや天気など、表示されている場合は微量ですが通信や負荷が発生します。よく分からなくて消したくない場合も、そのままにせず「ライブタイルをオフにする。」ことをおススメします。

スタートメニュー

ピン留めの外し方

外したいタイルの上で「右クリック」→「スタート画面からピン留めを外す」をクリックすると外せます。

ピン留めの外し方

アプリと機能でアンインストールできるもの

「スタート」→「設定」→「システム」→「アプリと機能」を呼び出すとアプリの一覧を見ることができます。
 赤枠で囲われたものはアンインストールしてしまいましょう。緑枠で囲ったもの(OneDriveとSkype)は使う人はアンインストールしないでください。

 消し方は、アプリを選択して「アンインストール」を押してください。

それぞれのアプリの説明

アプリ名説明
3D Builder3Dのモデリングができて、3Dプリントできるそうなんですが使い道がよくわからないアプリです。
Candy Crush Soda Saga
ゲームです。
FacebookFacebookしてる方は使ってもいいかもしれません。
LINEPCでLINEを使いたい方は残しましょう。
Microsoft OneDriveOneDriveを使っている方は消さないでください。

使わない方は、設定して連携してしまうとCドライブの空き容量を圧迫するので消した方がいいです。
Microsoft Solitaire Collectionゲームです。
Minecraft:Windows10 Editionゲームです。
NetflixNetflixで動画見たい方は残しましょう。
Royal Revolt 2ゲームです。
Skype プレビューSkype使っている方は残しましょう。
ニュースアプリで見る方は少ないと思います。
はじめに使ったことありません。
フィードバックHubマイクロソフトにWindows10の評価や機能についての意見を言えるアプリです。
 普通の方は使わないと思います。
新しいOfficeを始めようOffice365 Soloの宣伝アプリです。
有料Wifi&携帯ネットワークこれもMicrosoftの宣伝アプリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × three =