WSLもUbuntu18.04が出ました。

Windows Subsystem On LinuxもUbuntu18.04が新しく増えました。

今までのUbuntu(16.04)との共存も可能なようです。

 もくじ

インストール手順

 ストアアプリを起動して「Ubuntu」で検索すると候補が候補が表示されます。

①「Ubuntu 18.04」を選択する。

★注意★
「Ubuntu」というのは16.04です。「Ubuntu 18.04」の方をインストールしましょう。

②「入手」ボタンを押す

「入手」ボタンを押すとインストールされます。
★注意★
入手ボタンが繰り返し表示される不具合があるようです。
【解決】Microsoft Store でアプリが入手できない時の対処を参照してください。

③起動

 インストールが終わると、「起動」ボタンに変わるので起動しましょう。

④ユーザIDとパスワードの入力

 起動するとコマンドプロンプトのようなウィンドウが開きます。すこし待つと以下のようなメッセージが表示されます。

Please create a default UNIX user account. The username does not need to match your Windows username.
For more infomation isit: https://aka.ms/wslusers
Enter ner UNIX username: 

Ubuntuで使用するユーザIDとパスワードを設定します。

ここまででインストールは完了です。

インストール後にやること

①まずはUpdate

以下のコマンドを実行して最新の状態にしておきましょう。

sudo apt update
sudo apt upgrade -y

②バージョンの確認

以下のコマンドで確認できます。

uname -a
lsb_release -a

2018/5時点では以下のように表示されました。

$ uname -a
Linux BOOTCAMP 4.4.0-17134-Microsoft #48-Microsoft Fri Apr 27 18:06:00 PST 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 18.04 LTS
Release:        18.04
Codename:       bionic

カーネルが4.4.xみたいなのが少し気になりますね、、、( ・ω・)モニュ?
※Bionicで採用されているカーネルは4.15.x

WSLの方針なんでしょうかね。
まあ、WSLの用途からするとカーネルは変わらなくても影響は少なそうな気もします。
しばらく様子見ということで、、、( ・ω・)モニュ?

③日本語化する

デフォルトではロケールは「C.UTF-8」に設定されているので日本語化します。

$ locale
LANG=C.UTF-8
LANGUAGE=
LC_CTYPE="C.UTF-8"
LC_NUMERIC="C.UTF-8"
LC_TIME="C.UTF-8"
LC_COLLATE="C.UTF-8"
LC_MONETARY="C.UTF-8"
LC_MESSAGES="C.UTF-8"
LC_PAPER="C.UTF-8"
LC_NAME="C.UTF-8"
LC_ADDRESS="C.UTF-8"
LC_TELEPHONE="C.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="C.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="C.UTF-8"
LC_ALL=

(1).bashrcに2行追加

~/.bashrcに下記の2行を追加します。

export LANG=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja

書き込んだら以下のコマンドで.bashrcを再読み込みします。

source .bashrc

(2)日本語の言語パックをインストール

 日本語パックと日本語のマニュアルのパッケージをインストールしましょう。

sudo apt install -y language-pack-ja manpages-ja

これで日本語化は完了です。

以上でUbuntu 18.04がWindows10上で使えるようになりました。

【補足】実行時にエラーが出た場合

①0x8007019eというエラー

 最初の実行時に下記のエラーが出た場合は、対処が必要です。

Installing, this may take a few minutes...
WslRegisterDistribution failed with error: 0x8007019e
The Windows Subsystem for Linux optional component is not enabled. Please enable it and try again.
See https://aka.ms/wslinstall for details.
Press any key to continue...

(1)Windows PowerShellを管理者モードで実行する。

(2)以下のコマンドを実行する。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

(3)再起動

 コマンド実行後に再起動するかどうか聞かれるので再起動します。

再起動後にUbuntu 18.04を起動すると動くようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × five =