Acer Iconia W510D

 Acer W510Dという今の2in1PCの先駆けです。2013に買ったのでもう大分古いため、流石に最近は使用頻度が落ちました。
 タッチパッドがおかしいのとACアダプタが特殊な以外はバランスのとれたいいPCでした。

製品情報

正式名称

Iconia W510D

メーカー

Acer

発売時期・購入時期

発売時期:2012年12月
購入時期:2013年2月

値段

購入時の値段:たしか¥54,800ぐらい
現在の値段:新品はない模様

特徴

長所

・2in1PCの先駆け
・バッテリー駆動時間が長い(公称9時間)
・キーボードドックにもバッテリーがあり公称18時間
・当時は軽かった575g(キーボードは705g)
・液晶は綺麗
・eMMCが64GB
・無線LANが11n/a/g/b対応
・microMDMI端子がある。
・電源とmicroUSB端子が別なので充電しながらUSB端子を使用できる。
・スピーカーが結構いい。

短所

・AtomZ2760(1.5GHz)がもっさりしすぎ。
・ACアダプタの規格が特殊すぎる。(日本では入手不可)
  40Pinで特殊形状の上12Vなので普通のモバイルバッテリーでは充電不可
・キーボードドックのタッチパッドが変な動きをする。
 突然、ポインタがジャンプして使いづらかった。
・キーボードドックのバッテリーはシャットダウンされている状態でも減っていく
 (タブレット側に常に充電してるみたいです。)
・Linuxが入らない。

OSのサポートは2023/1まで

 このマシンのCPUはAtomZ2760というCroverTrailというコードネームのCPUなのですが、、、どういう事情か分かりませんが、Linuxも対応していないCPUです。(他にZ2520,Z2560,Z2580)

 MicrosoftWindows10もAnniversaryUpdateまでで対応PCから外されてしまいました。下記のHPを見ると2023/1までセキュリティアップデートはされそうです。

●参考HP(英語)

Text may not appear in the Windows interface on some devices after installing the Windows 10 Creators Update

OSの再インストールが必要な時は

 リカバリやバックアップを持っていない場合は、Windows10Anniversary用の媒体はダウンロードできないため、Windows8.1で使うしかありません。

手順は下記の記事を見てください。

Windows10に無償アップグレードしたPCをWindows8.1に戻す。

バッテリーが無くなった場合

 ACコンセント付きのモバイルバッテリーで動かせますが、素直に買い替えをおススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 3 =