XMC10にWindows8.1を入れてみる。(Windows7はダメでした。)

 ふと気になったので、Windows7とWindows8.1が動くかどうか実験してみました。

結果

×Windows7はインストーラーの起動途中で固まるのでインストール不可です。
〇Windows8.1は大丈夫でした。

 Windows8.1は細部までは動作確認していませんが、、、ドライバ準備すれば動きます。

懐かしのWindows8.1のスタート画面

準備するもの

ハードウェア

 インストール媒体用のUSBメモリとインストール中はキーボードと光学式ポインタが使えないので外付けのキーボード&マウスが必要です。

ソフトウェア

①Windows8.1

Windows8.1のインストールメディアは下記のリンクから取得します。

 ダウンロードするのは64bit版をダウンロードします。

Windows 8.1 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

USBメモリにISOファイルを書き込む

 rufusなどのソフトを使用してISOファイルをUSBメモリに書き込みます。

②Surface3のデバイスドライバ

 下記のHPから「Surface3_Wifi_Win8x_160850_0.zip」というファイルをダウンロードしてUSBメモリに解凍しておきます。

★注意★Windows10と間違えないように注意

Surface3 Wifiのドライバダウンロード

③Bluetooth用のドライバ

 下記のHPから「BT_Win8.1_32.1.0.89.50504L.zip」というファイルをダウンロードしてUSBメモリに解凍しておきます。(32bit版ですが動作します。)

Intelのドライバダウンロード

④Wifiのドライバ

 下記のHPから「RTLWlanS_WindowsDriver_3008.25.1216.2015_WHQL.zip」というファイルをダウンロードしてUSBメモリに解凍しておきます。

キングジムのHP

Windows8.1のライセンス

 Windows10とは違って、ライセンスキーが無いとインストール作業が進まなくなるため必須です。

★注意1★Windows10 Homeにはダウングレード権が無いので、パッケージ版のライセンスが必要です。

インストール手順

Windows10クリーンインストール編その2 簡単な手順と時間とほぼ手順は同じです。

●異なる点

・ドライバは事前に用意したものを使う。
・Wifiのドライバはsetup.exeを実行する。

インストール直後の空き容量

 WindowsUpdateも何もしていない状況で18.2GBでした。

使用感

 Windows10に慣れてしまうと使いづらい面もありますが、Cドライブの容量を考えるとWindows8.1もありかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three + 17 =